FUNATIC AIRLINES Blog
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鍵=某アダルトゲームブランド
という程には某社作品群に犯されては居ないので
ここでは本当の鍵屋の件。

かーぎやー!たーまやー!

お江戸にロケットを打ち上げるその鍵屋でもなく。

錠前屋って奴ですな。
英語だとLocksmith。
なんとかスミスってカッコイイぞ。

スミスって名字としては普通だけど。
ジョン・スミスなんて普通すぎてアヤシイぐらいだ。

北斗の拳で「種もみが~今日より明日が~」と言っていた
ミスミの爺さんはアニメではスミスの爺さんと呼ばれていた。
シナリオの人が素で間違えたのではと思う。

しかしみんな「種もみ爺さん」と言っていて
本名なんて気にしてなかったので何の問題もなかった。

あの話では墓の上に種もみを撒いて爺さんの苦労を台無しにした
ケンシロウの悪逆非道さに注意が向いてしまったし。


なんの話だ。

鍵の話だ。


先日ヤフオクで買ったGIVIのケースには
鍵が1個しか付いて無かったんですわ。

写真ボケボケですがこんなの。
kagi1.jpg

単純な形の鍵なんですぐにスペア作れるだろうと思って
そんなことは気にせず落札したわけですが。

近所の鍵屋に持ち込んだら
「無理!」
がびーん!


大丈夫、そんなときにいつも頼りにしている鍵屋さんが
池袋にありおりはべりいまそかり。

kagiya.jpg

ビルの狭間にいきなりポッカリ広がる魔空空間。
この東南アジアの屋台の延長のような店構えが
逆にプロの店として頼りがいが有りそうな気がしたり。

なんだか裏家業に通じていそうな。

店の前で観察してたらゴルゴ13みたいな人が来て
「例のブツを頼む」と言って
店主が奥からゴソゴソと紙袋出してきて
「こいつを手に入れるのは苦労したぜ」
とか言いそうな。

「金さえ払えばクレムリンも持ってきてやるぜ」
と言ってくれるかはともかく。


GIVIのスペアキーも問題なく作成してもらえました!
1200円とちょい高めではあったけれど。

過去にはK100RSのスペアも難なく作ってもらえたし
BMWのブランクキーを持ち込んでの合鍵作成も
嫌な顔ひとつせず作成してもらえた。
コレもその辺の鍵屋では断られましたなぁ。
ハンズの中の鍵屋もダメだったし。

ココで鍵を断られたら次を探すの大変そうだなあ、
と思うほどこの店を頼りにしております。

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 イラストブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ SEO対策:バイク SEO対策:モータースポーツ SEO対策:同人 SEO対策:アニメ SEO対策:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。