FUNATIC AIRLINES Blog
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
R1100S外装とタンクの取り外し(バッテリー交換)
初めてR1100Sのカウルとタンクを取り外す時に
定番ヘインズの整備マニュアル見たりして作業したのだけど
結構悩んだのを思い出したので
誰かに役立つかと思い手順を以下に記載。

英語だけど他に良い本が無いと思うので
ヘインズの本はオーナー必携かと。



まず、作業前にドイツの方向を調べて、
後ほどBMWの設計者に呪いの念を送る準備。
必ず呪いたくなると思うので先に調べておいた方が吉。


最初にシートを取る。
これは鍵ヒネって外すだけなので省略。

続いて左右サイドカウルの取り外し。
サイドカウルのネジは全て3mmのヘキサゴンボルト。
一般的なL字型の六角棒レンチでも良いけど
T字型のが有ると力が入りやすく作業も早い。


シート裏に2つ、タンク後ろ左右に2つのボルトを外す。
cowl_bolt01.jpg

メーターパネル下左右にボルト。
ハンドル左右に切って作業すると外しやすい。
cowl_bolt02.jpg

ナックルガード上部に左右2つずつ。
ミラーは取らなくても大丈夫。
cowl_bolt03.jpg

ここまでは「ネジ多いなー」と思いつつも鼻歌まじりで作業できるけど、
この先、BMWのボンクラーな整備性が牙を剥く!

次のネジはシャイで人目に付かない奥まった場所に隠れてるので
発見するのが一苦労。
キドニーグリル下の左右奥に1つずつ。
(分かりやすいように写真は左右カウルを外した状態)
ここはL字の六角棒レンチで無いと作業が厳しい。
cowl_bolt04.jpg

別の角度からネジ穴を見る。
かなり奥まってるのが分かるかと。
cowl_bolt05.jpg

取り付け取り外しが面倒なので
自分のR1100Sはココのボルトを付けてません。
手で揺すってみてもしっかり付いてるので問題無いと思うけど
マネされる場合は自己責任にて!


最後のネジはカウル裏の奥まった箇所に左右2つ。
この場所もとても分かりづらい。
暗くなって作業をしていると手探りでハメるのはかなり厳しい。
cowl_bolt06.jpg

位置が分かりやすいようにL字六角棒レンチをネジ頭にハメた状態で撮影。
ここもハンドルを切っておかないと作業し難い。
cowl_bolt06_2.jpg

反対側。
cowl_bolt07.jpg

以上で左右カウルのネジは全て。
フロントカウルにはさらにネジが一杯有って気が遠くなるけど
バッテリー取るにはフロントカウルはそのままでOK。

トップブリッジ後ろのハンドルを立てて左カウルを持ち上げるとやっと外れます。
しかし、このハンドルは経年変化で折れそうで怖い。
cowl_bolt08.jpg

サイドカウルを完全に外すにはウインカーの電気コードのカプラーを取る必要有り。
硬くて外すのが面倒なので自分はそのまま車体に立てかけてますが。



やっとサイドカウルが取れたので次はタンクの取り外し。
カウルと違いタンク固定ボルトは5mmのヘクサ。
しかーし!ここでまた試練が襲いかかる!

エアインレットパイプに邪魔された奥にタンク固定ボルトが!
普通にヘクサゴンレンチをネジ頭に挿し込むとこんなに斜めに。
おのれドイツ人!
cowl_bolt10.jpg

このパイプを取るにはエアクリーナーBOXの蓋から取る必要が有るけど
ここは力技で解決可能。
まず反対側のタンク固定ボルトを外す。
cowl_bolt09.jpg

すると少しだけタンクの角度をずらせるので、
インレットパイプを下に押しやるようにして
ナメないように気をつけつつ強引にボルトを取り外す。
cowl_bolt11.jpg
取り付けの際はまずエアインレット下のボルトを閉めてから
反対を閉めると少しはやりやすいかと。

取り付け取り外しの際にワッシャ類を落としやすいので注意!
内部の面倒な所に落ちたら本気でドイツ人を呪うことになるかと。



完全にタンクを外すにはガソリンホースとかも取る必要があるけど
バッテリー交換ならボルトを外した状態でタンクを持ち上げればOK。
cowl_bolt12.jpg


今回、バッテリーはボクトロ仲間の旦那さんからもらった14Ahを装着。
今時メンテナンスフリーじゃない旧態依然なバッテリーだけど
この際だから使わないともったいない。

以前の記事で純正のバッテリーサイズを記載したけど、
http://funacop.blog116.fc2.com/blog-entry-419.html
実はこの14Ahバッテリーは幅が5mmほど太いので
バッテリーケースを曲げて少し強引に捩じ込む必要あり。


エンジンは普通にかかってテスト走行したけど再始動も問題なく
とりあえずは大丈夫そう?
しかしセルの勢いが少し弱いようなので不安は有る……

テーマ:メンテナンス&ケア - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
ヒトゴトとは思えズ...
バッテリー交換すら、お祭り騒ぎ。|季刊:Bimota SB7!
http://ameblo.jp/bimota-sb7/entry-10178870784.html

あ、ちなみにその『メンテナンスフリーじゃない旧態依然なバッテリー』、
ごく稀に爆発するんで気を付けてください。
ドカ仲間でツーリング中、目の前で900SSがやらかしました。

『ポン!じゃばじゃばじゃば』...おや水冷だったっけアレ。
2010/12/26(日) 22:05:16 | URL | Ken@BimotaSB7 #5lgk84Pk[ 編集]
Re: ヒトゴトとは思えズ...
ビモータは整備性なんか飾りです!偉い人には以下略!で良いと思ったりして。
7Ah2つで14Ahという無茶な搭載も、やっぱり忘れてたんだろう仕方ないハハハで済む問題。(そうか?)
多分開発時には発電機も積んで無くて忘れてたんでわ?ワハハハハ

対して、科学力はァァァァ世界一ィィィィィなドイツ人の造りし物の整備性が悪いってのは、なんか裏切られた気が。
多分「テレレバーとパラレバーの設計スゴス!」ってほうに気を取られてたんだろうけど。

そうかーiPhoneの電池が爆発するとか聞くけど900SSも爆発するのかー。
バッテリー液冷は危険なので勘弁していただきたく。
2010/12/26(日) 22:27:09 | URL | funa #-[ 編集]
あったよ...
これがその写真だ!
http://pantah-club.com/report/050417/050417.htm

ちなみにもう一件900SS爆破事例を知ってま。
たぶん過充電やろなあ。
ドカの純正レギュレータ弱いけん。

硬いぜぇ。
2010/12/27(月) 15:55:47 | URL | Ken@PASO750R #5lgk84Pk[ 編集]
一番下の写真がスカルガンナーっぽいなぁと。

確かにネジ大杉ですな。
ラジコンみたいにβピンで留めれるようにしたらラクかも。

今時の国産車は↓こんなんでカウルが留まってます。頼りないけど。
http://www.amon.co.jp/seihi/seihi_group.php?id=29#

2010/12/27(月) 21:00:01 | URL | トウイ堂 #-[ 編集]
次はぜひエンジンのついてない奴のご紹介をお願いしますw
2010/12/27(月) 22:44:09 | URL | sco #-[ 編集]
Re: あったよ...
バッテリーこんなふうに爆発するのかー。
iPhoneの爆発は怪我人?死者?出たらしいけど古いドカは大丈夫なんだろうか。

しかしドカ乗りの人たちも面白そうですなぁ
2010/12/30(木) 20:47:54 | URL | funa #-[ 編集]
Re: タイトルなし
たしかにスカルガンナーに似てるような。
あんな気色悪い動きはしませんが。
動き的にはクラブガンナーのような(それ違う番組)。

レーサーはカウルをβピンで止めてるのが多いですが、ノーマルカウルを加工するのはちょい勇気が必要ですわ。
FRPカウルにしてクイックファスナーが一番楽。でも高い。

プラスチックリベット、スクーターか車みたい。
最近は大型バイクでもこんなの使ってるんですね~
2010/12/30(木) 20:52:44 | URL | funa #-[ 編集]
Re: タイトルなし
CAAD9はまだ箱から出してもいなかったり……
来年どこかで紹介します!
2010/12/30(木) 20:53:44 | URL | funa #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 イラストブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ SEO対策:バイク SEO対策:モータースポーツ SEO対策:同人 SEO対策:アニメ SEO対策:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。