FUNATIC AIRLINES Blog
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見たい映画
まだWALL・Eもティンカー・ベルも観てないんですがー!

ティンカー・ベルはどうせあざとい映画だろうと興味なかったけど
超映画批評で100点取ってるの見て俄然観たくなってきた。
単純なり。



『アライブ ‐生還者‐』

http://www.seikansha.jp/

実話を基にした93年の「ALIVE 生きてこそ」はかなり好きな映画。

飛行機が墜落し
機体後部が無くなって次々と人が落ちていく怖さとか、
冬山の極限状態の中で友を食べるまでの描写、
死と隣り合わせの中で辿り着いた悟りのような境地・・・

その当事者たちのドキュメンタリー映画と来れば
こりゃ見ないとイカンわ。

「生きてこそ」のテロップによると
友を食べて生き延びた彼らは
その後も故郷で平穏に暮らしていると。

これが日本だったらご近所の好奇の眼にさらされて
引っ越さざるを得ないんじゃないだろか。


『ザ・ムーン』

http://themoon.asmik-ace.co.jp/

立花隆の「宇宙からの帰還」の映画化、
ではないがw
多分似たようなテーマだろうと期待している。

宇宙から地球を見るという体験を経て
宇宙飛行士の思想や精神がどう変わったか?

「まったくね あの宇宙空間に浮遊する宇宙飛行士の目にするものは神の視界だ」
「無意味とか限界という物心の抑圧をこえて 人類は深宇宙へと航海に出る」

IMAXシアターで見た地球でさえ凄いインパクトだったものなぁ。



こんな映画のことを書いていたら
つい富樫ヨーコさんの
「選ばれしGPライダー 世界チャンピオンの告白」
を引っ張り出してしまった。

レースと死の関係をライダー本人に正面から攻めた本として貴重な存在。
亡くなったノリックのインタビューを読むのが怖くも有り。


シュワンツが引退した理由も
「僕を守っていた何かが居なくなった」
みたいなスピリチュアルなものだったっけ。

そんな自分は久々に会った妹に
「太ったなー!江原啓之に似てきたんちゃうかー!?」
と言われて大ショックだったりwwwww
儲かりそうやしそっち方面の商売やるかwwwwwww

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
江原さんが飯島愛さんの死を見通した動画を発見しましたのでよかったらご覧ください。
2008/12/26(金) 13:28:19 | 芸能人噂不倫妊娠整形暴露事件録 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 イラストブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ SEO対策:バイク SEO対策:モータースポーツ SEO対策:同人 SEO対策:アニメ SEO対策:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。